FC2ブログ

hidamariびより

 天然酵母のパンを日々焼いています。  じんわり ゆっくり ほっかほっか  小さな幸せの一粒を。。。

大泉洋への道

090306_1442~01
只今、池袋サンシャイン劇場にて
当日券の整理券配布の列に並んでます

「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」
作・演出 大泉洋
出演 チームナックス(大泉洋が所属する演劇ユニット)




整理券配布、6時間前だとゆうのに
何かにトリツカレタように
池袋の街を走って走って迷って迷って、何とかたどり着いた
途中で何かのイベント案内している男性に声をかけられたが
何かにトリツカレタ私の脳は全く日本語に変換できなかった

そんなこんなで
リュックにキャンプ用のいす、すいとう、おにぎりを詰めこみ
「これから高尾山ですか?」の様な出で立ちで
池袋に来てみました

何とか見れそう☆
整理券もらったら スープカレーを食べに行きます!
「15ボーガでっ!」…辛さのレベル
前回20ボーガで内臓が燃え、
身体中から色んな水分が出てきた
この後のスッキリ感と高揚感がたまらないのだが
よし!気合い入れて望みます!

「待ってろよ!大泉洋!」


スポンサーサイト
  1. 2009/03/06(金) 14:56:48|
  2. hidamari日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絵に書いた様なパン

090306_1130~01
「おひとつどうですか?」

猫屋通信の挿し絵を書いてくれている
ミオちゃんの絵
小さな小さな食パンを背負っている



毎週水曜日、長男堂にパンを運ぶ
焼きたての小さな小さな食パンは
hidamari号(私の自転車)の後ろのカゴ

赤点滅の横断歩道を走る 何かが弾んだ
コロコロと小さな食パンが青梅街道のど真ん中へ
助けに行く時間がない
「ごめんね。また戻ってくる」

Hanakoの影響で長男堂は大忙し
私の方もHanakoを見て来てくれたお客様がさっそく
「本当に小さいんですね」
手のひらサイズの小さな小さな食パンを見てそう言った

青梅街道に転がった小さな食パンを助けに行く
やはり見事なひかれっぷり
まさに絵に書いた様な平面的な食パンに変身していた
まさにそれはミオちゃんが書いてくれた食パンそのものだった
ひかれた平面的な食パンは可哀想だけど
少し可愛い

ベランダにたまにやって来る猫にあげよう
  1. 2009/03/06(金) 11:34:02|
  2. hidamari日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2